茶逸品・寺本製茶
こだわりのお茶造り
寺本製茶のこれまで
茶逸品・上の極/しんめ
天授の茶・涼やか
その他の商品
使い切り一煎パック
ティーバッグの逸品
冷茶
急須
フィルター付きマグカップセット 茶々手箱
おすすめします寺本製茶のお茶

ホームへ戻る

◆ご注文案内 ◆個人情報のお取扱について ◆特定商法取引に基づく表示 ◆お問合せ


おすすめします 寺本製茶のお茶

評論家・日本福祉大学教授・立正大学名誉教授 富山和子
1933年、群馬県に生まれる。
早稲田大学文学部卒業。水問題を森林林業の問題にまで深めたこと、また「水田はダム」の理論でも知られ、「日本のレイチェル・カーソン」と呼ばれる。著書『水と緑と土』は環境問題のバイブルといわれ、30年を超えるロングセラー。
自然環境保全審議会委員、河川審議会専門委員、海洋開発審議会委員、瀬戸内海環境保全審議会委員、中央公害対策審議会委員、林政審議会委員、環境庁「日本名水百選」選定委員、食料・農業・農村基本問題調査会委員など歴任。水の文化研究所理事長。国際コメ年日本委員会副会長。
 富山和子

◆主な著書
    『水と緑と土』(中公新書)
    『水の文化史』(文芸春秋)
    『日本再発見、水の旅』(文芸春秋)
    『日本の米』(中公新書)
    『水と緑の國、日本』(講談社)
    『環境問題とは何か』(PHP新書)
    『川は生きている』(講談社) 第26回産経児童出版文化賞
    『道は生きている』(講談社)
    『森は生きている』(講談社)
    『お米は生きている』(講談社) 第43回産経児童出版文化賞大賞
    『ひみつの山の子どもたち』(新版、童話屋)

■富山先生の研究成果をいかした【富山和子がつくる日本の米カレンダー】のホームページはこちら




博多人形の形、色、面そのハーモニーに似た寺本製茶のお茶が私は好きです。/博多人形作家 二代目 西頭 哲三郎
木々がゆらぎ、川面に光る水しぶき、森の中から聞こえる鳥の声、風の音、驚きの自然の音があります。その川辺に、寺本製茶があります。
朝自宅で出かける前のいっぷく。
工房でお客様と人形と一緒にいっぷく。
人形師の私が、ヘラを止めていただく憩いのいっぷく。
どのいっぷくも私の仕事のリズムを支えてくれます。
私は寺本製茶のお茶で至福の時を覚えます。
博多人形の形、色、面そのハーモニーに似た寺本製茶のお茶が、私は好きです。
 博多人形作家 二代目 西頭 哲三郎


博多人形
◆略歴
1948年 博多人形師 西頭哲三郎の長男として福岡市に生まれる
1970年 父・西頭哲三郎(国・現代名工卓越技能保持者)に師事
1972年 福岡市美術展入選。以後同展にて受賞多数
1980年 高松宮家「春」献上する
1983年 新作博多人形展にて通産大臣賞受賞
1989年 新製品開発展にて金賞受賞
1989年 伝統工芸士に認定
1995年 秋篠宮家献上品「鯰皇合」「丑香合」製作
1996年 福岡市長表彰技能優秀者
1999年 新製品開発展にて金賞受賞
2000年 日本橋高島屋個展開催
2002年 新製品開発展にて優秀賞受賞
2003年 福岡県伝統的工芸品復興功労賞 受賞
寺本製茶・旧邸にて作品展開催
現 在 福岡市美術連盟会員、福岡市文化連盟会員
その他賞暦多数




穏やかな日の我が家の朝はいつも美味しいお茶から始まります。/鳥ヶ丘窯 久保田 保義
 穏やかな日の我が家の朝は、いつも美味しいお茶から始
まります。九年前、あるお方の贈り物で「とても美味し
いお茶です、久保田さんのお茶碗で入れて下さい。」と、
寺本製茶のお茶を全種類頂きました。心に残るお茶との
出会いでした。
  『上の極』は、それは美味しいお茶です。勿論全ての
お茶がとても美味しいものです。『白折』はお値段も
手頃で気楽に楽しめて今でも欠かせないものになってい
ます。
 寺本氏は非常に熱い心でお茶造りに取り組んでおられ
ます。それは私の焼き物作りと通じるところであり共感
致しております。社長を始めご子息も益々意欲的にお茶
造りを展開されています。
 これからも人吉の美しい景色に栄え続ける製茶の里と
して更なるご繁栄を祈念致しております。
 島ヶ丘竃 久保田 保義


作品1
作品2
作品3
◆陶歴
1952年 熊本県人吉市出生(人吉高校22回卒)
1978年 大阪芸術大学芸術学部工芸学科卒業
鳥ヶ丘窯築房
1980年 県美展35周年記念賞
第27回日本伝統工芸展初入選(計22回入選)
1981年 熊日総合美術展熊本県賞
1982年 九州・山口陶磁展 第1位・文部大臣奨励賞
佐賀県立九州陶磁文化館収蔵
1983年 日本工芸会正会員認定
1984年 熊本県美術家連盟展 平山賞・県立美術館収蔵
1985年 西部工芸展 20周年記念正会員特別賞
1990年 九州・山口陶磁展 第1位・文部大臣奨励賞
佐賀県立九州陶磁文化館収蔵
熊本県美術家連盟展 奨励賞
1991年 第11回日本陶芸展 第1部最優秀作品賞候補
1993年 第12回日本陶芸展 第1部最優秀作品賞候補
1995年 ブランシェット・ロックフェラー奨学募金
オークション展出展
1996年 陶房移転建設(人吉市矢黒町)
1997年 第14回日本陶芸展入選
1998年 熊本県立美術館友の会賞・県立美術館収蔵
1999年 第15回日本陶芸展入選
2001年 第16回日本陶芸展 優秀作品賞毎日新聞社賞
熊本県立美術館収蔵
2002年 くまもと県民文化賞特別賞
熊本県文化懇話会賞
2003年 第17回日本陶芸展入選
2005年 第18回日本陶芸展招待出品



ページトップへ