茶逸品・寺本製茶
こだわりのお茶造り
寺本製茶のこれまで
茶逸品・上の極/しんめ
天授の茶・涼やか
その他の商品
使い切り一煎パック
ティーバッグの逸品
冷茶
急須
フィルター付きマグカップセット 茶々手箱
おすすめします寺本製茶のお茶

ホームへ戻る

◆ご注文案内 ◆個人情報のお取扱について ◆特定商法取引に基づく表示 ◆お問合せ


寺本製茶のお茶を美味しく飲む為に
おいしいお茶の入れ方

上の極・しんめ・白露・しらつゆ・白折

◆一煎目


急須にお茶の葉を入れます。
(一人分ティースプーン多めに一杯。しらつゆ・白折は軽く二杯)


各お湯呑にお湯を注ぎ、1〜2分位冷ましてから急須に注ぎます。(お湯呑を使って湯冷ましをすることにより、お湯呑も温まり淹れるお湯の量を計ることができます。)


1分位待って急須を10回〜15回位(しらつゆ・白折は7〜8回)ゆっくりとゆすってから濃さが均一になるように各湯呑につぎ分けます。急須を振り切って一滴も残らないようにすると、二煎目がおいしく召し上がれます。

◆二煎目・三煎目
ポットから直接急須にお湯をそそぎ、15秒位待って10回位ゆすって一煎目と同様につぎ分けて下さい。


うるおい・かおり・抹茶入り玄米茶・ほうじ茶・番茶

急須にお茶の葉を入れます。
(一人分ティースプーン軽く2杯)


ポットから直接熱いお湯をそそぎ、30秒位待って10回位急須をゆすってから濃さが均一になるように各湯呑につぎわけます。
急須を振り切って一滴も残らないようにすると、二煎目がおいしくいただけます。


なぜ湯冷ましをするのか?
お茶に含まれる成分のなかで旨み(甘み)の成分は、低温でも高温でも溶出します。
これに対して、渋みを感じさせる成分は高温では溶出しやすいのですが、低温では溶出しにくいという性質があります。また、高温で入れるとより香りが強調されます。
従って、旨みを楽しんでいただきたいお茶は湯冷ましをしていただき、旨みより香りを楽しんでいただきたいお茶は熱湯でいれていただきたいのです。


※弊社のお茶は小さな芽が多く含まれているので、つぎ口の内側に網のついた急須をお使い下さい。



ページトップへ